武士道に惹かれて日本にやってきた私がネットワークエンジニアになるまで

武士道に惹かれて日本にやってきた私がネットワークエンジニアになるまで

武士道に惹かれて日本にやってきた

中国出身です。日本にやってきたのは、映画「ラストサムライ」を見て、日本の武士道にとても興味を持ったからです。中国でもやっていたコンピュータサイエンス、ネットワーク工学を日本の大学で改めて勉強しました。
卒業後、ブリッジエンジニアとして日本国内外のエンジニアと連携し、システム要件定義をする仕事に就いていました。

転職しようと思ったわけ

それまでの仕事ではあくまでもクライアントのシステム構築がメインで、指示や要件に従ったシステムを構築していくことがミッションでした。仕事は面白かったものの、今度は自分の意志の入った自社システムの構築にチャレンジしたいと考えるようになり、転職を決意しました。

データワイズを選んだのは

多くの会社の中からデータワイズを選んだのは、データワイズがデータの会社で、インフラだけでなくデータを触ってみたいという欲求に応えてくれたからです。データサイエンティストと一緒に働けることも魅力でした。

今はどんな仕事をやっているか

今はインフラ構築の仕事にメインで携わっています。社内・社外問わず、毎日いろんな人と意見を出し合い、交渉し、システムに落とし込んでいく仕事に就いています。
関係する人たちに説明して、納得してもらい、前に進んでいけることが楽しくて、毎日過ごしています。自分で人を動かしている、という実感があり、データワイズには、1からシステムを作り上げられる自由な環境が整っています。
これからもっと多くの人を巻き込んで、大きなシステムを構築していきたいと、チャレンジ精神をくすぐられています。

どんな仲間と働きたいか

一緒に働きたい人は、やりたいことが明確になっている人です。やりたいことがしっかりしている人は、自分の強みに自信を持っています。その人それぞれの強みを見ることが面白いです。
みんなが個性があって、その人自身の強みを掛け合わせたときに、会社は大きく成長できると考えています。

データワイズでは一緒に働く仲間を募集しています
メンバーインタビュー
世界最高水準の解析技術でビジネスをサポート
私たちのサービスやチームの強みについてもっとお知りになりたい方、
まずはお気軽にお問い合わせください。
話を聞いてみる