Case
導入事例

交通量調査のDX化が実現させる、安心安全な道路計画

自治体
愛知県警察
愛知県警察では、従来から独自の交通事故分析システムを活用し交通事故抑止対策を推進しています。
人や車の交通量を地図上に可視化する為に Datawise Area Marketer をご導入頂き、過去の交通事故発生状況とクロス分析、より具体的な危険箇所等を割り出すことで、効果的な交通事故抑止対策を図っています。
目的
  • 管掌エリア内における交通事故の低減
解決方法
  • 年齢に応じた交通量を網羅的に調査できる体制を取りたい
効果
  • 交通量分析によりそれぞれの道でどのような施策を取るべきかを勘案し実行

交通事故抑止対策として、位置情報ビッグデータ分析ツールを活用

愛知県警察では、2023年4月より Datawise Area Marketer を導入しており、人や車の交通量の見える化や、過去の交通事故発生状況とのクロス分析により、具体的な危険箇所等を割り出すことで、効果的な交通事故抑止対策を図っていこうとしています。

活用事例①:愛知県管内エリアにおける高齢者の通行量把握

交通事故死者の約半数を高齢者が占めることに鑑み、通行人口分析を用い高齢者対策の強化が必要なエリアにおける具体的な危険箇所を割り出しています。

 

活用事例②:愛知県管内エリアにおける高齢者の動態把握

社会情勢の変化に応じて、高齢者が多く集まるエリアや施設を分析します。

ショッピングセンター等の大型店舗において高齢者が多く利用する時間帯を分析し、効果的な交通安全啓発活動を行っています。

交通量調査の必須ツールに

安心安全を守る為、更なるアップデートにご期待頂く

Datawise Area Marketer では 車速分析 / 時間帯別交通量分析 / 年代別交通量分析 といった革新的かつ独創的な機能を、県民の安心安全を守る取り組みにご活用いただいております。

住み良いまちづくりを実現する Datawise Area Marketer には、今後もよりユーザビリティの高い、高精度な分析を実現できるアップデートをご期待頂いています。気になる点ございましたら弊社データワイズへ是非ともお問い合わせくださいませ。

  • ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社
    小売・飲食・サービス
    マルエツ・カスミ・マックスバリュ関東、スーパーマーケット3ブランドを展開。
    新店開発における課題に対し、積極的に人流分析ツールを活用することで解決を図りました。
  • 公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー
    自治体
    産官学連携で横浜市の観光事業を担う。
    様々な視点でのマーケティングを直感的に行えるツールとして、 Datawise Area Marketer をご活用いただいております。
  • 徳島市
    自治体
    人口25万人の県都・徳島市では、有名な「阿波おどり」をはじめとする催事の人流データの分析、そしてそれを活用した中心市街地の活性化を目的として、Datawise Area Marketer をご活用いただいています。

サービス・製品に関するお問い合わせはこちら